7月ですね。-創舎

  • LINEで送る

早いものでもう7月。今年は年明けから新型コロナウイル関連で振り回され、気が付けば7月。今また各地(大半が九州ですが)豪雨被害で大変なことになってます。みなさま体調に気を付け、災害には十分な備えをもって過ごされますように。

木工房創舎も新型コロナウイルスの影響から逃れることはできずこの数か月はなんとなく時間に余裕がある生活をしております。そんな中でもこれまでのご縁もあり、多少の差はあれ仕事は途切れることなく続いています。縁に感謝(拝)

こんな時だからこそ普段できてないことを少しでも進めようと考えはするのですが、普段からやり初めていないことはなかなか手につかず….といったところです。

木工旋盤で作る皿 木工旋盤も使い方を誤ると危険!

さて、今回は木工機械について少し(?)だけ。
昨今、木工女子とかDIY女子という言葉があるように、老若男女、趣味、セミプロ、プロをとわず木工にかかわる人が増えてきてるのを実感しています。本当に喜ばしいことです。(ん?プロは減ってきているかもしれない…)

ただ、皆さんがSNS等にアップしている写真や動画を見ると「これはまずいだろう」と思われるものがあります。そのひとつがボール盤です。一般の方(趣味やDIY等)は大型の木工機械を使うことはあまりないと思うのですが、ボール盤はあまり危険そうにはみえないせいか、気軽に使っている方がいます。もちろん使うことがNGではなくて、使い方に問題があるのです。

木は表面が荒れて(ささくれ、ざらつき等々)とげが刺さったり、また長時間触れていると手は水分を奪われてカサカサになる場合もあります。それは仕方のないことで、そうしたことから手を守るために手袋をすることはわかります。しかし、しかしです。機械加工(特に回転系、木工機械のほとんどは回転系です)をする場合に手袋をはめるのはNGです。

手は痛くないかもしれません。荒れないかもしれません。が、何かの拍子に回転の軸に手袋の繊維が絡まって巻き付いたりしたら手の指、手首等の打撲や骨折の危険があります。装着している刃物の種類によっては深い傷になってしまう場合も考えられます。回転しているときは被切削物に触れないようにしているから大丈夫だという方もおられますが、万が一を考えれば手袋ははめるべきではありません。(絶対にと言いたい、軍手などもってのほか)

もちろん木を運んだり機械加工等をしない場合はその限りではありませんけど…

木工作業に限らず、ボール盤に限らず、手袋ははめないのが鉄則です。

では皆さん、しっかり対策をして安全な木工作業を楽しんでください。

  • LINEで送る

良質な無垢材で作られた創舎の雑貨はお買い得

木工房創舎は、幕末の志士 坂本龍馬の銅像がある高知県の桂浜の近くで、無垢材を使ったオーダメイド家具を作る工房です。
家具製作で出る良質な無垢の端材を使って本業の家具製作の合間のニッチな時間を利用してインテリア雑貨、アクセサリーなども製作しています。

本来なら産業廃棄物として処理されるけれど良質な無垢材。そういったものを加工して良質な商品を皆様に少しでもお安くお届けできればと思っています。

あくまでも本業の傍らということで、展示商品の数が少なかったり、売り切れ(sold out)になったりすることもしばしばですが、ご容赦ください。

また、販売していないものでもお客様のご希望があればできるだけ対応していきたいと考えています。是非、商品をごらんいただければと存じます。


木工房 創舎の商品はこちら

           

コメントを残す

*

CAPTCHA