木のペンダントのできるまで Part2 -創舎

  • LINEで送る

木のペンダントはペンダントトップができてから、石(天然石)やコットンパールなどとワックスコード、あるいはコードのみを取り付けて仕上げていくわけです。アクセサリーなどを創り始めたころは天然石やコットンパールなどの付属物はつけていませんでした。

木のペンダント
寄木のペンダント

しかし、アクセサリを身に着けている人を観察していると、光物がついている(というよりかむしろ光物そのもの)ものがよく見られます。実際イベントに行ってもそうですが、そういったものが目に付くし、売れ行きもいいようです。
(あくまでも自分の感覚です)

そこで、私も光物(石やその他の付属物)をつけてみました。するとどうでしょう。売れ行きが全く違います。結局「流行り」というかお客様の好みに合わせてといか、そういったものをせっせと作り、販売してきました。しかし、それをやると際限がないのです。
そして、売れるものを作るというのも大事な要素であることは間違いありませんが、装飾品をたくさんつけると、それに付随して取り付ける金具や装飾するための人工物が増えていくのです。

私は本来無垢の家具を作ることを生業としています。木の表面仕上げは手道具の鉋で仕上げます。木の接合もほぞ組などできるだけ昔ながらの伝統的な工法を用いて、釘やネジの仕様は最小限に抑えて作っていきます。

装飾品(アクセサリー等)を作るにしてもそうした生業からできるだけ近いところにいたいと思う気持ちがあります。できるだけ人工物は使用しないことが自分のモノづくりの柱なわけです。(もちろん金具やそのほかの付属物に頼らざるをえないものもあります、例えば「KEY HOLDER」や「イヤリング」といったものですね。  ああ、悩ましい・・・・・ )

そんなことを考えるうちに、最近では「回帰」というかもとの付属物のつかないペンダントに戻りつつあります。天然石やその他の付属物、金具などこれまでの在庫がありますので、(ただ処分してしまうのはもったいないので)しばらくは無垢のペンダントトップに装飾品のついたものも作りはしますが、そうでないものにどんどんシフトしていきます。

ヤマザクラとウォルナットのペンダント
ヤマザクラとウォルナットのペンダント

きっと売れ行きは↓ でも、少しでも気持ちにわだかまりがなくなるだけ、日々の作業に前向きになれると思います。

そんなわけで、よろしくお願いいたします。(何が「よろしく」かよくわかりませんが…)

  • LINEで送る

良質な無垢材で作られた創舎の雑貨はお買い得

木工房創舎は、幕末の志士 坂本龍馬の銅像がある高知県の桂浜の近くで、無垢材を使ったオーダメイド家具を作る工房です。
家具製作で出る良質な無垢の端材を使って本業の家具製作の合間のニッチな時間を利用してインテリア雑貨、アクセサリーなども製作しています。

本来なら産業廃棄物として処理されるけれど良質な無垢材。そういったものを加工して良質な商品を皆様に少しでもお安くお届けできればと思っています。

あくまでも本業の傍らということで、展示商品の数が少なかったり、売り切れ(sold out)になったりすることもしばしばですが、ご容赦ください。

また、販売していないものでもお客様のご希望があればできるだけ対応していきたいと考えています。是非、商品をごらんいただければと存じます。


木工房 創舎の商品はこちら

           

コメントを残す

*

CAPTCHA